任意売却

任意売却とは

任意売却は住宅ローン支払い困難者の救済手段!

住宅ローンや借入金等の支払いが困難になり、債権者(金融機関などの抵当権者)に担保不動産を差押えられたり、不動産の競売の申立をされたりする前に、ご相談者様(債務者)と債権者との合意のもとに、対象となる不動産を不動産会社を通じて任意に売却することをいいます。
債務者がローン・借入金等の支払いが困難になってしまった時、債権者はその状況により担保不動産を差押え、不動産競売の申立てをし金銭(ローン残額)の回収を行おうとします。競売で処理されてしまう前に、一般の不動産売買をさせてもらえる様、債権者へ依頼し、その同意のもとに販売活動を行う事です。

現在の住宅ローン残高以上の価格で不動産を売却できない状況の場合

このような場合は、住宅ローンを支払うことも、売却することもできません。そうなると、競売になるのを待つのみです。
そこで当社が、ご相談者と債権者との間に入り、交渉の上、任意売却として債務を整理するお手伝いをさせていただきます。

任意売却は時間との勝負です!

「入札期日」の通知が届いてからでは、任意売却で売却をする為の時間がありません。

任意売却は「担保不動産競売開始決定」が届いてからでも対応できますが、この通知を受け取ったら、時間との勝負になります。
受取り後1ヶ月くらいの間に、裁判所の執行官が現地調査に来ます。その後、「通知書」という入札に関する詳細書類が届きます。
この「入札期日」の通知が届いてからでは、任意売却で売却をする為の時間がありません。

ピックアップコンテンツ

メールでのご相談・査定のご依頼