任意売却

任意売却の流れ

任意売却は時間との勝負です!手遅れになる前にご相談ください。

ご相談いただいてから任意売却が成立するまでにかかる時間は、すでに競売にかけられている場合で1~3ヵ月程度、住宅ローン滞納前であれば6ヶ月~1年半程度、すでに代位弁済後であれば2ヶ月~1年の期間が想定されます。 債権者によって大きな差がありますし、不動産物件が人気エリアか否かでも期間に差が出ます。任意売却の流れは以下のとおりです。

ご相談(メール・お電話)

メールフォームまたは、お電話でお気軽にご相談ください。
メールフォーム

ご相談(メール・お電話)

面談(ご来店・訪問面談)

いただいた情報を元に、物件の価格を調査し査定価格をお知らせします。
価格は予想価格ではなく、実際の売買価格を提示致します。

面談(ご来店・訪問面談)

物件の査定

任意売却を成功のカギは、できるだけ高く、それでいて買い手が見つかりやすい価格で売り出すことです。地域の不動産事情に詳しい経験豊かな担当がお伺いします。

物件の査定

ご契約

お打ち合わせ後、ご納得の上で、提示(査定)価格でご契約をいたします。
ご契約に関して不明な点などある場合は、お気軽にご質問いただけます。

ご契約

債権者との話し合い

債権者(借入先)が複数の場合でも、すべての債権者に同意して頂けるよう交渉します。ご挨拶から、売却価格の調整、競売や差押さえの取下げ、残債の返済方法、引越し費用の捻出など様々な交渉を行います。

債権者との話し合い

売却活動

不動産を取り扱うデータベースへの登録や新聞折込・インターネット広告などを通じて売却活動をいたします。そのまま住み続けたい方には、買い戻し・リースバックのご提案も可能です。

売却活動

任意売却成立

買い手が見つかれば、いよいよ契約です。
売主、買主、債権者、司法書士、金融機関の担当者などが一同に会して物件の所有権移転、抵当権抹消、差押さえの取下げなどを処理いたします。引越代もこの日にお渡しできます。

任意売却成立

ピックアップコンテンツ

メールでのご相談・査定のご依頼